永遠のリングを

結婚指輪にエタニティリングの魅力

一昔前まで、結婚指輪と言えば、シンプルなプラチナのストレートリングが一般的でした。このようなストレートリングが好まれた理由は、以前は今ほど複雑な形状をしたリングを作る技術が無かったこともあり、自然とこのようなトレンドが生まれたためです。 以前よりも技術が発達した現代では、ダイヤモンドなどの宝石をあしらったものや、アーム部分にねじりがあるものなど、多種多様なデザインの結婚指輪を作ることができるようになりました。 中でも女性に人気のあるデザインのひとつに、エタニティリングと呼ばれるものがあります。エタニティリングとは、「永遠」という意味を持ち、リングの周囲に小粒のダイヤモンドを途切れる事なく並べたデザインのものです。

重ね付けをした時に発揮される人気の理由

結婚指輪にエタニティリングが人気な理由は、毎日身に着けるものだからこそ、可愛らしいデザインのリングを選びたいと考える女性が多いためです。エタニティリングは、1本だけで身に着けても華やかですが、重ね付けをした時に、更に美しく見えるというメリットもあります。 結婚指輪と同様に、婚約指輪にも定番中の定番のデザインがあります。それは、ソリティアと呼ばれるもので、立て爪に大粒のダイヤモンドが1石だけあしらわれたシンプルなデザインです。結婚指輪や婚約指輪が多様化した現代でも、古くから女性たちの憧れであるソリティアには、根強い人気があります。このソリティアと重ね付けをした時に抜群に相性が良いのが、エタニティリングなのです。