【広告コストを抑えよう】チラシ印刷は専門業者に依頼すべし

デザインから配布まで

印刷

業者に任せて手軽に

チラシ印刷では、大きく分けると、デザインと印刷、そして配布の3つの作業が必要となります。具体的には、まずはチラシの原稿を作成します。商品やサービスの魅力を簡潔にまとめ、良さをしっかりとアピールできるようなデザインにしなければなりません。もちろん内容だけでなく、サイズや色合いについても決めておきます。原稿が完成すれば、用紙と部数、印刷方法とを決めた上で、印刷します。用紙には、薄く軽い上に発色の良いコート紙を選ぶことが一般的です。印刷方法は、部数が千部以上など多い場合はオフセット印刷、少なめの場合はオンデマンド印刷にすると、かかるコストが少なめになります。チラシ印刷が終われば、新聞折り込みやポスティング、ダイレクトメールなど、適した方法で配布します。これらの作業を全て終えることで初めて、チラシは宣伝効果を発揮するようになるのです。手間暇がかかるので、現在では企業や団体などチラシを必要とする組織のほとんどが、チラシ印刷を業者に依頼しています。業者には、印刷はもちろんですが、チラシのデザインも、さらには新聞折り込みのための手続きも任せることができるのです。ポスティングも特定した地域で行ってもらえますし、ダイレクトメールも宛名印刷や封入作業などの段階から、引き受けてもらえます。そのため業者にチラシ印刷を任せれば、手軽にチラシの宣伝効果を得ることができます。手間暇がかからない分、販売やサービス提供などに専念できるので、ビジネスの効率はアップします。

RECOMMEND POST

CMYK

人気のわけ

チラシ印刷をしてくれる業者はたくさんの企業から利用されているので人気になっていますが、なぜなのか分からない人もいます。人気になっている一番の理由は自分で作成をした時と比べての差で、店の印象にまで関わってくるのでしっかり確認しましょう。

印刷

レイアウトの工夫

チラシ印刷は目線誘導など基本的なルールを守れば効果的なチラシをかんたんに作ることができます。情報や画像の配置のルールを守りメリハリのあるチラシ作りをすることで宣伝効果を上げることができます。初めてのチラシ作りで不安な方も、チラシ印刷業者が相談に乗ってくれるので安心です。